ハイパーカジュアルゲーム、広告でユーザーを獲得するのは難しい?

ハイパーカジュアルゲームの広告、それでいいの? ユーザー獲得には広告の内容と質が重要!

ハイパーカジュアルゲームにとって広告は命のようなもの。この記事ではユーザー獲得の部分で必要となってくる広告について紹介します。アプリの収益を上げるには必ず必要となってくる広告。CPIの基準などもこっそり教えちゃいます!
                       

ハイパーカジュアルゲームは広告命!

こんにちは、ハイパーカジュアルゲーム大学ライターのももこです。

今回はハイパーカジュアルゲームの”広告”についてご紹介していきます。

 

ハイパーカジュアルゲームの業界で広告というと集客マネタイズの2面がありますが、今回は集客の面でいう広告について

・ハイパーカジュアルゲームの広告について知りたい

・ゲームはできたけどユーザーが集まらない

・広告のCPIについて学びたい

・ハイカジュは作りたいけど広告は誰かに任せたい

といった人はぜひ当記事を読んでみてください。

 

ITIに蓄積されているノウハウもポロっと流出しちゃうかも……?

 

CPIを下げて収益を上げる

広告を流すときに1番重要なのが、「CPIを下げる」ということ。

CPIとは1インストールあたりのコストのことを指します。

つまりユーザー1人にダウンロードしてもらうためにいくら使ったかという指標のことです。

 

CPIが下がれば下がるほど、ハイパーカジュアルゲームの収益は出やすい状態に。

CPIがすべてというわけではないのですが、広告の効果をはかりたい時はまずCPIをチェックするようにしましょう。

 

CPIの目安は?

これ言っちゃっていいのかわからないんですけど(笑)、プロトタイプのアプリでCPIの目安は40cent以下。

40centをこえてしまったタイトルに関しては、テストの時点で開発終了することもあります。

 

改善の余地があるものに関しては手を施すこともありますが、こうして潔く取捨選択することがヒットアプリを生み出すヒントなのです。

 

プロトタイプでCPIクリアしたあとは?

プロトタイプ時の広告はかなり簡易的なもので良いのですが、正式にスケールさせていく場合は広告の質を上げていく必要があります。

しっかりとユーザーに刺さる広告を作成していかなければならないのです。

そこで重要なのがポイントを押さえること。

 

では、いったいどのようなポイントを押さえておけばいいのでしょうか。

 

成功する広告のポイント

ここからは実際に広告を成功させる、つまりCPIを下げるためのポイントをご紹介していきます。

これから広告を配信する方や、今までの広告を見直したい方必見です!

 

すべてを分かりやすく

広告を作る上で最も大切なことの1つが”分かりやすさ“です。

ここでいう分かりやすさは「ゲームの目的」「障害物」「報酬」など様々な事柄に対してのもの。

ハイパーカジュアルゲームの内容すべてを分かりやすく広告に入れなくてはなりません。

 

まずはゲームの目的について。

数秒の広告で、そのゲームは何をすればクリアとなるのかをはっきり分かってもらう必要があります。

キャラクターをゴールまで運ぶことなのか、敵を全滅させることなのか、料理を完成させることなのか……

ここが分からないとユーザーの興味を引くことができないので、しっかりと見せ方を考えましょう。

 

また、障害物や報酬についても分かりやすく表現することが必要です。

ゲームクリアまでにどんな障害物が待っているのかという部分は、ユーザーのワクワクする気持ちをかきたてることができます。

そしてその障害物を排除するためにリスクを負うとどんな報酬がもらえるのかを知っておくことで、インストールするメリットを感じることができるのです。

 

すべてを分かりやすく表現するのは難しいことかもしれませんが、ユーザー目線で考えると当然のこと。

しっかりと意識してみてください。

 

もっとうまくできると思わせる

ユーザーにもどかしさを感じさせるのもハイパーカジュアルゲームの広告でよく使われる手法です。

例えばぱっと見クリアできそうなパズルについて、わざと下手なプレイを広告で見せます。

そうするとユーザーは「私ならもっとうまくできるのに……」ともどかしい気持ちになり、そのもどかしさを晴らすべくゲームアプリをダウンロードするのです。

 

また、優秀なプレイを見せつけるパターンの広告も。

素晴らしいプレイをユーザーに見せることによって、そのゲームの難しさやクリア時の快感を味わわせることができます。

難しいゲームやステージをクリアすることで自分の優位性をはかりたいユーザーにとっては、魅力的に写ることでしょう。

 

どちらのパターンが合うかはゲーム次第。

はたまたどちらのパターンでもなく、新しいパターンの広告がハマるのかもしれません。

広告に関しても試行錯誤を継続することが必要なのです。

 

プロモーションが苦手な方は……

そうした広告によるプロモーションは、マーケティングに精通した人でさえ苦戦してしまうことも。

数字を見たりユーザーの反応を見たりするのが苦手な人にとっては、かなり難しい作業となってしまいます。

 

ハイパーカジュアルゲームを作るのは得意なのに、大好きなのに、広告の部分でつまづいてしまう……。

そんな人におすすめしたいのがパブリッシング事業というものです。

 

パブリッシング事業とは

パブリッシング事業を簡単に言うと、ハイパーカジュアルゲームの広告周りやサポートを請け負いますよ!というもの。

 

ヒットの可能性があるハイパーカジュアルゲームについては、莫大な広告費をかけてユーザーを獲得することとなります。

その広告費もパブリッシャーが負担することとなるので、個人の方やコストがかけられない法人にはできないような、かなり大きな市場規模でのマーケティングを行うことができるのです。

 

広告のことだけでなく、ハイパーカジュアルゲームをヒットさせるためのノウハウも手に入れることができる、まさに救世主のような事業といえます。

 

マーケティングITIにはお任せあれ

そんなパブリッシング事業を行っている会社の1つが、弊社・株式会社ITI。

デベロッパーとしては知られているものの、ハイパーカジュアルゲーム大手のIronsource傘下にあるSupersonicと事業提携し、パブリッシャーとしても実績をあげてきました。

 

Rescue Cut」を世界一のアプリに仕立てたのは、紛れもなく弊社のマーケター。

そんな世界を知るマーケターが、あなたのアプリを世界に羽ばたかせるべく奮闘いたします。

 

広告やマーケティング、データ分析が苦手だという人は、ぜひ弊社にご相談ください。

個人の方も法人の方も、無料で相談を受けることが可能です。

 

 

アプリ開発には広告も大切な要素

ハイパーカジュアルゲームというジャンルでは、広告がとても重要なポイントとなります。

ゲーム自体がいくら面白くても、広告で伝わらなければヒットは見込めないのです。

 

いままであまり広告を重要視していなかった方や、これからハイパーカジュアルゲームを制作する方は、ぜひ広告の部分にもしっかり向き合ってみてください。

 

まずはお気軽にご相談ください!

世界No.1のハイパーカジュアルゲームを
私たちと一緒に作りませんか?

ITIはハイパーカジュアルゲームを作っている人、
これから作りたいと考えている人に、資金やノウハウを提供します。
ハイカジュの収益化に悩んでいる方、
ハイカジュで夢を掴みたい方はぜひご相談ください!