Unityとは

ゲーム開発に欠かせないUnityって何?初心者でもUnityを使って副業できる!

Unityという言葉を聞いたことはありますか?今回は、ゲーム開発に欠かせない”Unity”とは一体何なのか、Unityを使うと何ができるのか、またUnityのいいとろこなどをたっぷりご紹介していきます!
                       

ゲーム開発にはUnity!

 

こんにちは、ハイパーカジュアルゲーム大学のライターあゆみです。

みなさんはUnityという言葉を聞いたことがありますか?

ゲーム開発をする人ならほとんどが知っているといわれているんです。

今回は、そんなUnityについて初心者でもわかるように説明していこうと思います。

また、UnityのいいところやUnityを使って副業する際の案件探しの方法などもあわせてチェックしましょう!

 

Unityとは?

Unityとは

 

Unityは、ユニティ・テクノロジーズが開発しているゲームエンジン

ゲーム制作に必要な機能を、初めからフルセットで用意してくれているんです。

現在では100万人以上の開発者が利用しているといわれているんですよ。

WindowsとMacの両方に対応しているので、安心して使うことができます。

 

■ゲームエンジンとは

ゲームを開発するために作られた統合開発環境のこと。

コンピューターゲームのソフトウェアにおいて、主要な処理を代わりにやってくれる効率化ソフトウェア。

 

合わせて読みたい

 

Unityでできること

 

ここからは、Unityを使ってできることをご紹介していきます。

 

2Dや3Dなどのゲームが作れる

 

Unityでは2Dや3Dなど様々なゲームを制作することが可能。

つまり、PlayStation4などの3Dゲームから、スマホのカジュアルゲームまで幅広いゲームを作ることができるんです。

また詳しい専門知識がなくてもマウス操作だけで組み立てることができ、今では医療などの分野でもバーチャル技術の応用として活用されています。

実は、あのポケモンGOもUnityで作られているんですよ!

 

まさかポケモンGOもUnityで作られていたなんて…!よく遊んでいたゲームだからビックリ^^

 

多種多様なプラットフォームに対応

 

Unityなら、iOSAndroidMacWindowsはもちろんのこと、PlayStation4Nintendo SwitchXbox Oneなどの様々なプラットフォームでゲームを制作することができます。

その際に使用する言語はC#と呼ばれるもので、プラットフォームごとに変わるわけではないので安心して下さいね。

 

■C#とは

マイクロソフトが開発しているプログラミング言語で、Javaに似ている。

C#を使用したことがあれば、少しの学習でJavaも使いこなせるので応用が利きます。

マイクロソフトが開発しているプログラミング言語なため、特にWindows向けのアプリ開発におすすめなんです。

 

合わせて読みたい

 

Unityでできないこと

 

Unityはできることがたくさんありますが、いくつかできないことも存在します。

できないこともあわせてチェックしておきましょう。

 

グラフィック機能がない

 

Unityにはグラフィックを描くための機能が備わっていないので、別でグラフィック作成用のアプリを使用します。

そのため、それを用いて作られた画像をTexture Assetとして取り込むという必要があるわけです。

 

音声機能がない

 

グラフィック以外に、音声ファイルを編集し制作する機能も備わっていないため、他のアプリケーションを用いて作られた音声ファイルをAudioClip Assetとして取り込む必要があります。

 

Unityのいいところ

 

ゲーム開発者にとってUnityは非常に人気なツール。

ここからは、なぜUnityがそんなに人気なのか、Unityのいいところについてご紹介していきます。

 

①初心者でも簡単に使える

 

Unityでは、スマホ向けのアプリ(iOSやAndroidなど)を作る時、マウス操作で簡単に制作することができます。

そのため初心者の人でも扱いやすく、初めは簡単なスマホゲームが作りたい!なんていう人にはおすすめ。

その作ったゲームをWindowsやMac向けにリリースすることも可能なので、いろんな媒体へ向けてリリースできますよ。

 

②様々な機能がフルセットで準備されている

 

冒頭でも少し触れましたが、Unityはゲーム制作に必要な機能を初めからフルセットで用意してくれています。

一体どんな機能が入っているかというと…

 

音声を再生する

画像/文字を描画する

ゲームコントローラーからの入力を受け付ける

外部のデバイスやサーバーと通信する

 

など。

Unityが開発される前は、自分でゲームを作りたいと思っても上記のことを1つずつ行わなければならなかったので、これらを1つのゲームエンジンで行えるというのは非常に助かりますよね。

 

③アセットストアがある

Unityとは

 

アセットストアとは、Unityで使うことのできる素材専門のオンラインストアのこと。

世界各国のクリエイターが作った、ゲーム開発に必要な素材(3Dモデルや背景、エフェクト、BGMなど)がたくさん用意されています。

素材は有料で購入することもでき、中には無料で使えるものもあるんです。

 

Unityは気軽に3Dゲームを作ることができますが、もととなる3Dモデルを作るのは難しいもの。

しかしUnityではそういった3Dモデルのゲームデータが無料で手に入るので、初心者にもかなり優しいんです。

 

Unityの料金プラン

 

Unityのプランには、個人向けと企業向けがあり、個人向けは基本無料となっています。

企業向けだと「Plus」「Pro」「Enterprise」の3パターン。

 

Plus:43,995円(1 シートあたりの年額)/ 年間プラン・年払い or 1年契約・月払い

Pro:198,000円(1 シートあたりの年額)/ 年間プラン・年払い or 1年契約・月払い

Enterprise:22,000円(1 シートあたりの月額)/ 1年契約・月払いのみ

 

 

Unityでできる副業を探す

 

ある程度Unityが使えるようになると、Unityを使って副業をしたいと考える人も多いはず。

しかし、どのように案件を探したらいいのかわからない人もいますよね。

そこでおすすめなのがクラウドワークス

なんといっても案件数が豊富なんです。

クラウドワークスはシンプルなゲーム開発から案件が用意されており、スキルに合わせて求人を選択することが可能。

給与に関しては案件によりますが、クライアントとの相談次第でも変わってきます。

給与が高いもに関してはそれなりにレベルも求められるので、自分のスキルに合った案件をしっかり選択して取り組みましょう!

 

Unityで副業にチャレンジ

 

Unityについては理解できましたでしょうか?

私もはじめは全くわかりませんでしたが、少しずつ理解できてきた気がします。

とにかくゲーム開発にはUnityがおすすめで、初心者なら特に使った方がいい素晴らしいゲームエンジン!

これを機にUnityを使って、ぜひ副業にチェレンジしてみてください。

もしかしたらヒットするアプリを作ることができるかもしれませんよ^^

 

合わせて読みたい

 

まずはお気軽にご相談ください!

世界No.1のハイパーカジュアルゲームを
私たちと一緒に作りませんか?

ITIはハイパーカジュアルゲームを作っている人、
これから作りたいと考えている人に、資金やノウハウを提供します。
ハイカジュの収益化に悩んでいる方、
ハイカジュで夢を掴みたい方はぜひご相談ください!