「Destiny Run」をレビュー!ヒットするハイパーカジュアルゲームの秘密を分析

「Destiny Run」をレビュー!ヒットするハイパーカジュアルゲームの秘密を分析

ハイパーカジュアルゲーム「Destiny Run」をレビューしました。アメリカのApp Storeランキングでも1位を取ったこちらのランゲームがヒットしている理由を様々な面から分析します。ヒットの秘密が見えたかも…!

今回のレビューはDestiny Run

こんにちは、ハイパーカジュアルゲーム大学ライターのあゆみです。

今回は「Destiny Run」のレビューをご紹介します。

 

9/3にUSのApp Storeのゲームランキングっで1位を獲得したこちらのハイパーカジュアルゲーム!みなさんはもうプレイしましたか?

こちらはハイパーカジュアルゲームのトップパブリッシャー、Voodooさんのゲームですがトレンドのコアメカニズムを使ったVoodooらしいゲームになっています!

 

今回はDestiny Runがどうしてヒットしているといったところを考察しながらレビューしちゃいますよ~~~!

 

Destiny Run の遊び方

Destiny Runの遊び方

 

Destiny Runはキャラクターを左右に動かしてアイテムを集めてゴールを目指すゲームです。

集めたアイテムによってキャラクターが変身していきます。

ここまでは以前に紹介したRun Rich 3Dと同じゲームですが、Destiny Runが変わってるのはコースの最初で天使か悪魔、どちらを信仰するのかを選べること!

天使を選べば、天使のアイテムが得点になり、悪魔を選べば悪魔のアイテムが得点になるようになります。

プレイヤーキャラクターの変身先も選択によって変わるので、両方のパターンで遊びたくなっちゃいますね。

 

Destiny Runのレビュー

ではここからはDestiny Runのレビューをご紹介していきます。

 

手軽さ

 

【評価:★★★★★

星5つです。

操作も片手だけで行うことができるし、レベルごとの長さもきっちり調整されていて、合間合間に遊ぶことが出来ますね!

 

分かりやすさ

 

【評価:★★★★★

天使と悪魔、ひいては善行と悪行というのは、誰もが理解している普遍的なテーマですよね。

それをうまくランゲームのストーリーとして持ってくることで、「何を取れば得点なのか」というのをうまく伝えられています!

またアイテムを取ったら姿が変わっていくというのも、得点の取得具合がひと目で表していて分かりやすいです。

 

難易度

 

【評価:★★★☆☆

現状ではあまりレベルのバリエーションが用意されていないのか、あまり難しくなることはありません。

ギミックも途中から見覚えのあるものばかりになるので、ランゲームがうまい人は途中からパターンが読めてしまうかも…。

なのでこちらは星3つですね。

 

トレンド/新しさ

Destiny Run

 

【評価:★★★★★

 

ランゲームでの主流のトレンドを捉えていますね!

このゲームの「アイテムを拾うと変身する」「良い選択・悪い選択のゲートをくぐる」という仕組みは、最近のランゲームにおける流行りの仕組みのひとつではないでしょうか?

同じ仕組みを使った他のゲームでいうと、例えば…Run Of Life、Rich Run 3D、Queen Bee!…とどれもランキングで上位を取ったゲームの名前ばかり出てきますよね。

 

ただキャラクターを変えただけなら既存のゲームと同じですが、そこを「最初に天使か悪魔を選択することで、得点アイテムが逆転する」という仕組みを入れることで、ゲーム全体には「善行と悪行」という一つのストーリー性をもたせながら、それでいて「天使を目指すゲーム」「悪魔を目指すゲーム」という異なる2つのゲームを同居させています!

このおかげで毎回新鮮な気持ちでプレイすることができるので、難易度面で述べたような弱さがありつつも実は中々飽きが来ないです。

なので星は5つ!

 

ユーザーへのフィードバック

Destiny Run

 

【評価:★★★★☆

効果音やアクション、スマホの振動機能などもしっかり使って、プレイヤーのアクションひとつひとつにしっかり何らかのフィードバックがついています!

アイテムが集めたときの変身も天使と悪魔で異なっていて、どんな姿に変わるのか気になってついつい高得点を目指しちゃいまいます。

 

中毒性

 

【評価:★★★☆☆

ゲームそのもの中毒性でいうと、基本的なゲームの仕組みには新しさがなく、演出面でも突出したものがないのでちょっと弱いかも…。

フィーバーモードやボーナスステージといった「一気に得点アイテムを取る気持ちよさ」も無いので、星は3つです。

 

誰にでもウケるか

 

【評価:★★★★☆

この「天使と悪魔」という宗教色の強めな世界観は、やはりキリスト教が身近な国で訴求が強そう!

男女関係なく楽しめるゲームだと思います!

 

全体評価

Destiny Run全体評価

 

【評価:★★★★☆

既存のコアメカニクスを元にしながら、ちょっとした捻りで新しさを出すという、まさにVoodooさんらしいハイパーカジュアルゲームでした!

 

またこのDestiny Runの「最初の選択肢で得点アイテムが逆転する」という仕組みって結構面白いので、この仕組みを元に世界観を変えた新しいゲームのアイデアが考えられそうですね!

例えば「犬と猫」「剣と盾」「磁石のSとN」「警察と怪盗」などなど…。

アイデアに困っているみなさん、いかがでしょうか?(笑)。

 

合わせて読みたい

 

  • ハイパーカジュアルゲーム「Destiny Run」
  • Destiny Run

 

世界No.1のハイパーカジュアルゲームを
私たちと一緒に作りませんか?

ITIはハイパーカジュアルゲームを作っている人、
これから作りたいと考えている人に、資金やノウハウを提供します。
ハイカジュの収益化に悩んでいる方、
ハイカジュで夢を掴みたい方はぜひご相談ください!
世界No.1のハイパーカジュアルゲームを私たちと一緒に作りませんか?