プレイアブル広告とは?遊べる広告でユーザーをゲットする方法

プレイアブル広告とは?遊べる広告でユーザーをゲットする方法

プレイアブル広告は、「実際にサービスを体験できる広告」として、近年多くのアプリで採用されるようになりました。今回は、プレイアブル広告のメリットや、ユーザーを獲得するために気を付けてほしいポイントについて解説します!

「遊べる広告」プレイアブル広告とは?

 

プレイアブル広告とは、アプリを実際にプレイし、体験できる広告ことです。

ユーザーにとってはダウンロードせずにアプリを体験できる点、開発者にとっては短時間でより直感的にアプリの魅力を伝えられる点などから、近年トレンドになっている広告形態とされています。

従来の広告では、一方的に流れる動画や情報をユーザーは受動的に見ることしかできませんでした。

興味もないアプリの広告をただ見ているだけの時間に、イライラした経験をもっている方も多いのではないでしょうか。

アプリの魅力を伝えるつもりで作った広告が、逆にユーザーの不快感を増やしてしまうこともあるんですよね。

その点、プレイアブル広告は限りなくユーザー視点を追求した広告といえます。

これまでの広告と違い、ユーザーは簡易版のアプリをプレイして楽しむことができますし、気に入ったアプリがあればそのままダウンロードすることも可能です。

アプリをプレイするのに夢中になって、つい広告であることを忘れてしまうことも。

プレイアブル広告は、短時間で手軽に楽しめるハイパーカジュアルゲームと相性抜群で、非常に有効な広告手段と考えられています。

 

プレイアブル広告の特徴とメリット

 

近年ゲーム開発者の注目を集めているプレイアブル広告。

その人気の背景には、決して少なくないメリットがあります。

「これからスマホゲームを売り出したい!」という方にとっては理想的な広告形態といえるかもしれません。

 

事前プレイでユーザーの興味を惹ける

 

プレイアブル広告の最大の特徴はユーザーが実際にプレイできること。

一方的に動画を見せられるだけの従来の広告と違い、プレイアブル広告はユーザーが能動的に参加するタイプの広告といえます。

見ているだけでは伝わらないゲームの魅力を効果的に伝えることができるんですよね。

「絶対につまらん」とバカにしていたゲームだったのに、やってみたらめちゃくちゃハマってしまった。

そんな経験をしたことがある人も多いはずです。

「実際にプレイしてもらうこと」は、ゲームに好奇心を持ってもらいダウンロードに繋げる上で非常に重要な要素なんです。

その点、「つべこべ言わずにプレイしてみてや!」というプレイアブル広告は、理想的な集客方法といえるでしょう。

 

高いCVR(コンバージョン率)を期待できる

 

プレイアブル広告を利用することで、高いコンバージョン(インストール数などの成果)率を期待できます。

これまでの広告と違いプレイアブル広告では、ユーザーは実際にゲームを体験し、自分に合うかどうかをある程度見極めた上でインストールすることが可能です。

上述のようにお試しプレイをさせてあげることで、ユーザーの「もっとプレイしてみたい!」という好奇心を高めることもできます。

だからプレイアブル広告は、継続的にゲームを楽しんでくれるファンを発掘し、獲得する上で非常に有効。

インストール率や継続率の大幅な増加が期待できるんです。

 

合わせて読みたい

 

ユーザーの不快感を抑えられる

 

ユーザーの不快感を抑えられるのも、プレイアブル広告の大きなメリット。

一方的に見せられるだけの広告って、結構ストレスが溜まるんですよね…。

ユーザーを魅了し、インストールに繋げるためには、不快感なく楽しめる広告が必要です。

ユーザーが実際にプレイして楽しめるプレイアブル広告なら、不快感を抑えつつ「このゲーム、やらないと損やん!」と思わせることができるんです。

 

アプリの内容や操作感がわかりやすい

 

広告の役割は、サービスの内容を的確に伝え、ユーザーを惹き込むことにあります。

その点、実際にユーザーがアプリを操作し体験するプレイアブル広告は、理想の広告形態といっても良いでしょう。

「広告は面白そうだったのに、プレイしてみたらつまらなかった…。」

そんな経験はありませんか?

プレイアブル広告なら、インストール前にゲームの内容や操作感、難易度を自分の手で確かめられるので、ユーザーとゲームのミスマッチを防ぐこともできるんです。

 

プレイアブル広告でユーザーをゲットするためのポイント

 

ここからは、プレイアブル広告でユーザーを獲得するためのポイントについて説明していきます。

以下の点に気を付けることで、より効率的にユーザーを魅了し、ゲームをインストールしてもらうことできるようになります。

集客にお悩みの方は、ぜひお試しくださいね!

 

内容・操作方法はビジュアルでわかりやすく

 

プレイアブル広告では、「わかりやすさ」を徹底的に追求する必要があります。

ゲームの内容や目的、操作感などを短時間でユーザーに理解してもらい、「このゲーム、おもしろそう!」と感じてもらうのが広告の目的。

ですから、いかにわかりやすくゲームの内容や進め方を伝えるかがカギになります。

プレイアブル広告では、なるべくテキストを避け、矢印でタップする場所を明示してあげるなど、ビジュアルで直感的にルールを理解できるよう配慮すると良いでしょう。

 

ユーザー想いの難易度設定

 

広告でプレイできるゲームの難易度にも気を配る必要があります。

ゲームが難しすぎるとユーザーはストレスを溜めてしまいますし、逆に簡単すぎても手ごたえを感じず、興味を失ってしまいます。

「あとちょっと頑張ればクリアできそう!」という絶妙な難易度設定こそ、ユーザーのやる気を高め、インストールしてもらうためのコツになります。

老若男女を問わず世界中にいるハイパーカジュアルゲームのプレイヤーを意識し、万人ウケする難易度を模索しましょう。

 

ゲームの特徴・アピールポイントを決めておく

 

プレイアブル広告を制作する時は、アピールしたいゲームの特徴やポイントを明確に決めておくべきです。

「実際に体験できる広告」とはいっても、プレイ時間は30秒~1分ほど。

短い時間の中で効率的にアプリの魅力を伝えきり、ユーザーを惹きつける必要があります。

そのためには「ここだけは絶対に伝えたい!」というゲームのアピールポイントをあらかじめ決めておくことが大事です。

ゲームの本質にあまり関係のない追加要素などはなるべくカットし、スマートでコンパクトなプレイアブル広告を目指しましょう!

 

ユーザーに達成感を与える

 

広告とはいえ、ユーザーに達成感を与えてあげることは重要です。

良いプレイをしたユーザー、見事ステージクリアしたユーザーには私ってすごいかも…もっとこのゲームやってみたい!と思ってもらえるようなフィードバックを用意しましょう。

例えばプレイアブル広告なら、クリア時に「nice!」「success!」などのちょっとした褒め言葉があるだけでも、ユーザーの気分は全然違うんですよね。

かくいう筆者も先日、ちょっと褒められただけでゲームをインストールしてしまったチョロ男の一人です。

ゲームを作る時も広告を作成する時も、意識すべきは「ユーザー目線

自分がユーザーだったらストレスを感じないか、「やってみたい!」と思えるかを常に考えることが大事です!

 

マーケティングが不安な方にはパブリッシング事業がおすすめ

 

ハイパーカジュアルゲームで収益を得るためには、ゲームのクオリティを高めることはもちろん、ユーザーを獲得するためのマーケティングにも力を入れる必要があります。

とはいえ、ゲーム開発者にとって集客のことまで考えるのは、かなり骨が折れますよね…。

そこでおすすめしたいのがパブリッシング事業

パブリッシング事業は、企画からマーケティング広告費の負担まで、あらゆる面からハイパーカジュアルゲームの開発、収益化をサポートしてくれるサービスです。

これを利用すれば、デベロッパーは余計な負担を減らしゲーム開発に専念できます

 

ハイパーカジュアルゲームはプレイアブル広告で集客しよう

 

今回はプレイアブル広告の特徴やメリット、ユーザーを獲得するためのポイントについて解説しました。

簡単操作、短時間でサクサク楽しめるハイパーカジュアルゲームの集客には、プレイアブル広告がピッタリ。

今回紹介したポイントを押さえ、ユーザー目線で広告を作成すれば、きっと多くのプレイヤーに愛されるヒット作品を生み出せるはずです。

ぜひお試しください!

 

合わせて読みたい

 

世界No.1のハイパーカジュアルゲームを
私たちと一緒に作りませんか?

ITIはハイパーカジュアルゲームを作っている人、
これから作りたいと考えている人に、資金やノウハウを提供します。
ハイカジュの収益化に悩んでいる方、
ハイカジュで夢を掴みたい方はぜひご相談ください!
世界No.1のハイパーカジュアルゲームを私たちと一緒に作りませんか?