アプリ開発のために習得したいプログラミング言語とは

アプリ開発に必要な言語とは 初心者にもおすすめのプログラミング言語もご紹介!

アプリ開発にはプログラミング言語が必要。いったいどの言語を習得すれば良いのでしょうか。初心者にもおすすめの習得すべき言語をまとめました。ハイパーカジュアルゲームに必要な言語もご紹介です!

アプリ開発とは

アプリ開発はプログラマーやエンジニアを始め、多くの方から注目を浴びています。

本業だけでなく副業としても人気を集めているアプリ開発。

いったいどのようなものなのでしょうか。

今回はアプリ開発を始めたい方に向けて、必要なプログラミング言語をご紹介していきます。

 

その前に、アプリ開発の種類についてご説明させてください。

アプリ開発には大きく分けて「WEBアプリ」と「スマホアプリ」の開発があります。

 

WEBアプリ

WEBアプリとはインターネット上で使用するアプリのこと。

端末などにダウンロードする必要がなく、サーバー上で動作し、ブラウザで操作するものです。

 

SNSやECサイト、情報系サイトや予約サービスなどもこのWEBアプリに該当します。

 

スマホアプリ

スマホアプリはスマートフォン上で動くアプリのこと。

タブレットでも利用できるため、包括して「ネイティブアプリ」と呼ぶこともあります。

App StoreやGoogle Playなどのアプリストアから端末にダウンロードして利用するものです。

 

後ほどご説明しますが、開発したいアプリがiOSなのかAndroidなのかでも使用する言語は違ってくるので注意しましょう。

 

プログラミング言語の選び方

ではさっそく、プログラミング言語の選び方について進めていきます。

プログラミング言語とは、やりたいことをコンピューターに伝えるための手段のようなもの。

その”やりたいこと”によって言語を決めるとスムーズに業務を進めることができます。

 

まずはやりたいことを決める

やりたいことと言っても難しいかもしれませんが、ようはWEBアプリなのかスマホアプリなのか、iOSなのかAndroidなのかという決め方でOK。

最初に方向性を決めておくことで、勉強の手間もずいぶん省くことができます。

どんなアプリを開発したいのかをしっかりイメージしておきましょう。

 

また、プログラミング言語はまったくの初心者だという方は基本的な言語から学ぶことをおすすめします。

そうすることで基礎的なことを学ぶことができるだけでなく、簡単な仕事を受注することができるため、副業を始めてみることも可能なのです。

 

基本的な言語

基本的な言語としてご紹介したいのは3つ。

HTML」「CSS」「JavaScript」です。

これらは絶対的に習得しなければならないというわけではありませんが、多くのエンジニアやプログラマーが初心者の頃に習得しているもの。

習得しておくと他のプログラミング言語を理解しやすいと思いますので、ぜひ挑戦してみてください。

 

HTML

HTMLはWEBページを作成するのに最も基本となる言語の1つ。

普段目にする多くのWEBページがこのHTMLを使って作成されています。

 

タイトルや段落、小見出しといったWEBページの構成を決めるのに使われるのがHTML。

文章にリンクをつけたり、画像ファイルを埋め込んだりすることができます。

 

CSS

CSSはWEBページのスタイルを指定するための言語。

上記で説明したHTMLとともに使用します。

HTMLではWEBページの構成を指定できるのに対し、CSSはそのデザインを指定することができます。

 

例えば全てのページの見出しに色をつけたり、デザイン性のある枠をつけたりするプログラムを組むことが可能。

WEBページ制作には欠かせない言語といえます。

 

JavaScript

JavaScriptはWEBページをダイナミックに動かすために必要な言語。

CSSがデザインを整えるのに対し、JavaScriptはより動的な機能を実装するのに便利です。

 

画像をランダムに表示させたり、ボタンに動きを持たせたりすることができるJavaScript。

アクティブなWEBページを作りたい時に必要となる言語です。

 


アプリ開発に必要なプログラミング言語

基本的なプログラミング言語をご紹介してきましたが、これだけ習得していればアプリ開発ができるというわけではありません。

WEBアプリであれば簡単なものは作れるかもしれませんが、スマホアプリを作る場合には他の言語が必要なことがほとんどです。

ではどういったプログラミング言語が必要なのでしょうか。

作るアプリ別に特徴と共にご紹介していきます。

 

WEBアプリなら「PHP」「Ruby」

WEBアプリを作るにはHTMLやCSS、JavaScriptといった言語も必要です。

その他にあると便利なのが「PHP」と「Ruby」だといわれています。

 

PHPはWordpressをはじめとする多くのCMSで採用されているため、かなり需要の高い言語です。

比較的習得難度が低い言語であるため、初心者にもおすすめの言語として紹介されることも多くあります。

エンジニアやプログラマーの中にも習得している人が多いため、その分情報も豊富。

わからないことは調べれば大抵のことが出てくるため、かなり使いやすい言語であるといえます。

 

次にご紹介するRubyもPHPと並んでかなり汎用性の高い言語の1つ。

こちらも習得している方が多い言語なので、参考サイトが多く、初心者におすすめの言語です。

Rubyの利点はコードが短くてきれいなこと。

他の言語であれば数行書かなければできない指示が、Rubyなら1行で簡潔にまとめることができたりします。

 

iOSアプリなら「Swift」

iOSアプリ、つまりiPhoneやiPadなどApple製品向けのアプリを開発したい場合におすすめなのが「Swift」です。

 

SwiftはAppleが開発したプログラミング言語。

Appleが開発しただけあってかなり人気が高く、多くのiOSアプリで使われている言語です。

高速で安定性のある言語で、Appleのことについてはかなり詳しい部分まで開発することができます。

使用するにはMac製のパソコンが必要なのでその点は注意しておきましょう。

 

Swiftが出てくるまではObjective-Cという言語が使用されていました。

今でも使っている方はいるのですが、Objective-Cは複雑なのでこれから新たに習得するのであればSwiftの方がおすすめ。

ただObjective-Cを使ったアプリを改修するとなると使う機会が出てくるので、学習が無駄になることはないかと思います。

 

Androidなら「Java」「Kotlin」

Androidアプリ開発をしたい方には「Java」と「Kotlin」という2つの言語をおすすめします。

AndroidアプリはWindowsでもMacでも開発可能です。

 

Javaは世界的に使われているシェア率の高いプログラミング言語。

JavaScriptと名前が似ていますが、まったく関連性のない別物です。

他の言語に比べて少し難易度は高いのですが、汎用性が高く重宝される言語といえます。

 

Kotlinは2017年にAndroidアプリの開発に使用されるようになった比較的新しい言語です。

Javaよりもシンプルにコードを書けることから人気が高く、習得する人が増えていきました。

Javaとの互換性があるため、Javaから切り替えるアプリも出てきています。

 

ハイパーカジュアルゲームなら「C#」

最後にハイパーカジュアルゲームの開発について。

アプリ開発の中でも収益性がかなり高いハイパーカジュアルゲームというジャンルをまだ知らない方はぜひ以下記事からチェックしてみてください。

徹底解説!”ハイパーカジュアルゲーム”とは一体?稼げるって噂は本当?

 

ハイパーカジュアルゲームを開発するのであればC#という言語一択。

なぜならハイパーカジュアルゲームの開発に使うツール「Unity」がC#対応だからです。

C言語に近いスタイルなので、JavaやC++などを習得している方であれば簡単に学べると思います。

ハイパーカジュアルゲーム開発には欠かせない言語ですので、ぜひ習得してみてください。

 

合わせて読みたい

 

アプリ開発をはじめよう!

アプリを開発するのであればプログラミング言語の習得は必須といっても過言ではありません。

言語なしにアプリ開発ができるツールもありますが、より本格的なアプリを作るとなると必要となるのでぜひ習得してみてください。

プログラミング言語を習得すれば、あとは環境を整えるだけでアプリ開発が可能です!

 

そのためにはまず自分がどんなアプリを作りたいかを考えることが大切。

作りたいアプリによって習得する言語が変わってくるので、ぜひ習得前に考えてみてくださいね。

 

合わせて読みたい

 


世界No.1のハイパーカジュアルゲームを
私たちと一緒に作りませんか?

ITIはハイパーカジュアルゲームを作っている人、
これから作りたいと考えている人に、資金やノウハウを提供します。
ハイカジュの収益化に悩んでいる方、
ハイカジュで夢を掴みたい方はぜひご相談ください!